D62d0ce0a3cd8d227b4d3e7b47a79da3
白雲堂の食べ物ストリート

再び栗渋皮煮と頂いたつくれぽ

2017/10/15 17:21 お菓子 作りおき

渋皮煮の仕上げに粗塩少々を。

今年は栗の生り年(なりどし=よくなる年)だそうです。

さて、

今年のわが家の栗渋皮煮はきび砂糖を使いました。

栗を購入してポリ(ビニール)袋に入れ、

口はしばらずに冷蔵庫のチルド室でお休み頂きました。


1週間ほどして、

甘味が倍加(この情報は数年前に知りましたが、最近は産直市によっては

栗の売り場にも掲示されています)したと思う頃に調理しましたよ。


そして、

今年は仕上げに生栗1Kgに対して

粗塩小さじ1/4(好みで加減)を加えてみました。

粗塩は醤油(小さじ1強~お好みで)でもOKですよ。

餡を作る時、仕上げに少量の粗塩を加えるのと同じことです。

塩分を加えると、甘味が引き立つんじゃないでしょうか?

家族にも好評でしたよ。





切ってみるとこんな感じです。↓

味わいは羊羹のようです。

それも、高級な…♪




【ポイント】


鬼皮をむく時、渋皮を少々切ってしまうことがあります。

少々なら大丈夫!(少々じゃなくても大丈夫なこともあり)

そのまま煮ても、煮くずれることなく仕上がることが多いですよ。

煮くずれたら、取り出せばいいんですからね。

渋皮は歯ブラシ(新しいもの)を利用すると上手く取れるように思います。



1年ほど保存するには瓶詰めにするのが良いと思います。


※煮沸消毒は

1.瓶、蓋とも浸かるくらいの水に入れ、沸騰後火を加減して2~3分間加熱。

2.キッチンペーパーを敷いたバット等の上に取り出して伏せ、乾かす。

3.渋皮煮が熱いうちにシロップと共に瓶に詰め、軽く蓋をする。


※脱気処理は↓

1.鍋底にキッチンペーパーを敷き、栗を詰めた瓶を入れ、

  水を瓶の半分以上肩口まで入れて加熱。

2.沸騰して湯気が出てきたら、約15分間煮沸。

3.煮沸したら、手早く瓶の蓋を閉める。(熱いので、ヤケドをに注意!)






冷めたらラベル(日付、名称等記入)を貼り、

冷蔵庫で保管しています。






※関連レシピのご紹介です。





頂いたつくれぽから

・マロ吉右衛門さんからは

 日本酒de栗の渋皮煮につくれぽを頂きました。

 アリガトウございました。


 まだ、栗が出回っていますので、お試しあれ!




・ひなたこやきさんからは

 さつま芋入りのみそ汁につくれぽを頂き、話題のレシピとなりました。

 アリガトウございます。





長くなり、ゴメンナサイ。

では、また。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください